NEWS

#専修大学経営学部での講義

Jul 12,2021

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7月1日、専修大学経営学部の「事業創造」という授業の1コマで講義をさせていただきました。

内容を色々と考えた末、やはりストレートな気持ちが一番。ということで主題は『デザインするって楽しい』にしました。

社会的な課題に対して、自分自身が日々何を感じ、どうデザインでアプローチをしているか。そして、学生時代から適十塾のメンバーと一緒にバングラデシュで取り組んでいるわらじプロジェクトについてお話しました。

講義中、学生に対して「あなたがよりよくしたいことは何ですか?」そして「誰と一緒なら叶えられそうですか?」と問いかけたところ、たくさんの意見が出ました。

学生の声
・差別をなくしたい
・子育ての環境をよくしたい
・街のゴミを減らしたい
・学食のメニューが飽きる
・余裕と遊び心をもたせたい など

わかるわかる!と共感するものから、なるほど!そういう見方もあるのか〜!と新しく気付かされることが沢山ありました。
特に「子供を産め産めと言うけれど、そもそも子供を産む準備をすることが大変すぎる。 たとえリーズナブルになったとしても、早めにお母さんになることへの世間の偏見がある」という意見。

大学生で既に子育てに対してのマイナスイメージが付いていることに正直びっくりしたけれど、納得してしまう自分もいました。
私が大学生の頃は、いつか結婚して子どもを持つことが将来の延長線上に当たり前のようにあるだろうなと簡単に考えていましたが、現在、3人の子育てしながら働いてみて、想像以上の沢山のハードルがあるものだなぁと。
って!!社会課題を考えると暗い方にばかりいってしまいますね(いかんいかん!)
よりよくしたい!と思っていることを声に出し、どうすればよいか一人ではなく人と一緒に考え、そして行動に移す(=デザイン)ことが本当に大切ですね!
「デザインするって楽しい!」と一人ひとりが言える社会を目指し、引き続き自分もワクワクする気持ちを大切にがんばっていきたいなと思います◎お声がけくださった見山先生、貴重な機会を本当にありがとうございました。