7月1日、専修大学経営学部の「事業創造」という授業の1コマで講義をさせていただきました。

内容を色々と考えた末、やはりストレートな気持ちが一番。ということで主題は『デザインするって楽しい』にしました。

社会的な課題に対して、自分自身が日々何を感じ、どうデザインでアプローチをしているか。そして、学生時代から適十塾のメンバーと一緒にバングラデシュで取り組んでいるわらじプロジェクトについてお話しました。

講義中、学生に対して「あなたがよりよくしたいことは何ですか?」そして「誰と一緒なら叶えられそうですか?」と問いかけたところ、たくさんの意見が出ました。

学生の声
・差別をなくしたい
・子育ての環境をよくしたい
・街のゴミを減らしたい
・学食のメニューが飽きる
・余裕と遊び心をもたせたい など

わかるわかる!と共感するものから、なるほど!そういう見方もあるのか〜!と新しく気付かされることが沢山ありました。
特に「子供を産め産めと言うけれど、そもそも子供を産む準備をすることが大変すぎる。 たとえリーズナブルになったとしても、早めにお母さんになることへの世間の偏見がある」という意見。

大学生で既に子育てに対してのマイナスイメージが付いていることに正直びっくりしたけれど、納得してしまう自分もいました。
私が大学生の頃は、いつか結婚して子どもを持つことが将来の延長線上に当たり前のようにあるだろうなと簡単に考えていましたが、現在、3人の子育てしながら働いてみて、想像以上の沢山のハードルがあるものだなぁと。
って!!社会課題を考えると暗い方にばかりいってしまいますね(いかんいかん!)
よりよくしたい!と思っていることを声に出し、どうすればよいか一人ではなく人と一緒に考え、そして行動に移す(=デザイン)ことが本当に大切ですね!
「デザインするって楽しい!」と一人ひとりが言える社会を目指し、引き続き自分もワクワクする気持ちを大切にがんばっていきたいなと思います◎お声がけくださった見山先生、貴重な機会を本当にありがとうございました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2021年4月より、バングラデシュでわらじプロジェクトを支えてくださっている現地パートナーがAranyaからPalli Crafts Limitedへと変わりました。

適十塾・TEIKTO DESIGN Labとしては、これからも変わらず新たなパートナーと共にこのプロジェクトを成長させていける様に努力して参ります。
ここで簡単ですが、Palli Crafts Limitedを紹介させていただきます。

Palli Crafts Limitedは、バングラデシュの伝統的な手工芸の技法を守るため、そして、女性のエンパワーメント促進を目的として、2019年2月に設立された団体です。
持続可能なビジネスを行うために、繊維、家庭用品、室内装飾品、工芸品などの製造に取り組んでいます。化学染料に頼らない、天然染にこだわる製法で商品作りを行なっています。

新たなパートナーと共に作り上げる、ami tumi わらじにも是非ご期待ください。
これからもよろしくお願いいたします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2020年11月21日(土)22:00〜、バングラデシュのGoood to Great Academyというプログラムで適十塾のわらじプロジェクトについてお話しさせていただきます。
日本では夜遅い時間のスタートですが、もしよろしければご覧いただけたら幸いです◎
🔴Live show – THE STORY OF TEKITOJUKU: WARAJI SANDALS
👉 November 21▪️7:00pm (Bangladesh)▪️10:00pm (Japan)
⭕Keynote speaker-
Ayaka Ebisu
Representative Director
Tekito Design Lab Association
Japan
⭕Special guest-
Yuko Fukushima
Bangladesh Representative
Tekito Design Lab Association
Japan

Streaming partner:

The Business Standard

Knowledge partner:

Canvas

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

11/28(土)、二子玉川で親子向けにわらじワークショップを開催します。
今回は、二子玉川にあるサロンPisolinaさんとのコラボ企画で、わらじワークショップに『足裏マッサージ』が付いてきます!
(サロンのオーナーがわらじに興味を持ってくださったことがきっかけで今回の企画に至りました)
詳細は下記をご確認ください。
————–詳細————–
■日時:2020年11月28日(土)
■開始時刻:
第1部11:00〜12:30
第2部14:00〜15:30
※どちらか1つをお選びください。
■所要時間:約1時間半
■会場:女性専門フィジカルケアサロン Pisolina
東京都世田谷区玉川2丁目24−24 セゾン玉川 210
■参加人数:各回3組限定 (1日合計6組まで)
※定員に達し次第締め切らせていただきます
■参加料金:
大人  3,500円
子ども 1,500円
(いずれも1足あたりの料金です)
※足裏マッサージ料金込(大人のみ)
サロンオープン記念特別価格
※子どもの対象年齢は3才以上〜中学生まで
赤ちゃんを連れての参加も大歓迎
高校生以上は大人料金
※当日現金支払いのみ
お釣りのない様、ご用意ください
■申し込み方法
Googleフォームよりお願いします
■申込期限:11月23日(水)まで
※キャンセルのご連絡は下記問合せ先にお願いいたします。
■問合せ先:info@tekitodesignlab.com 担当 蛭子
—————————
お子さんが親ごさんのわらじを
親ごさんがお子さんのわらじを
作るワークショップです。
出来上がったらお互いプレゼントし合い、お家でルームシューズとして履いていただけます◎
お子さんには「わらじ」を通じて、日本の伝統文化や、適十塾の布わらじが作られるバングラデシュのことについて触れてもらいたいなと思っています。
また、毎日のお仕事、育児にがんばるお父さん・お母さん同士で、わらじをゆっくりあみながら、育児の楽しさや苦悩を分かちあう。
そして足元からリフレッシュ!
そんな親子で心と身体を癒すひと時を共有できるワークショップを目指しています^^
※コロナ禍ということで、少人数制で開催します。ご興味ある方は是非よろしくお願いします◎

“くらしのおすそわけ”をコンセプトにした雑貨屋「まめくらし研究所」さんが開く『くらしのワークショップ』。

第4回目に適十塾企画の「布わらじのワークショップ」が登場します!

 

オンラインでの開催となりますので、是非ふるってご参加ください◎

●イベント概要
・開催⽇: 9⽉27⽇(⽇)
・時間:14:00〜16:00
・⽅法:オンライン zoom
・参加⼈数:20名まで
・参加申し込み⽅法:Peatix
・参加申し込み締め切り:9⽉20⽇(⽇) 正午
・ワークショップ内容:
└はじめに:まめくらし研究所さんからのご挨拶(約5分)
└1部 わらじプロジェクトのお話(約20分)
└2部 わらじに⿐緒を取り付けるワークショップ(約45分)
〜休憩(約10分)〜
└3部 交流会(約40分)

●イベント詳細
<第1部> わらじプロジェクトのお話(約20分)
日本の伝統的な履き物、わらじ。そんなわらじの伝統技術を異国の地バングラデシュ へ伝承した適十塾の「わらじプロジェクト」をご紹介。また、わらじを履くと足指を使って歩くため、「土踏まずの形成」に加えて「正しい姿勢」を保つのに効果的とも言われます。わらじが健康にもたらす恩恵についてもお話ししたいと思います♪

<第2部> わらじに鼻緒を取り付けるワークショップ(約45分)
バングラデシュの職人さんによって作られた土台に、お好きな鼻緒を自分自身の足に合わせて取り付けるワークショップを行います♪わらじ制作キット(下の画像)からお選びください◎
※土台と鼻緒の数に限りがございます。先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

<第3部> 交流会(約40分)
バングラデシュ現地でわらじプロジェクトを支えるShahnazさんとゆうこさんとお話しする交流会を行います。バングラデシュ について学ぶ質問コーナーも設けますので、お時間に余裕のある方は是非ご参加ください♪

●第2部用 わらじ制作キットについて
お好きなわらじの土台と鼻緒をこちらから選んでください!選んだ内容は後ほど回答いただく申込フォームへご記入ください。
※土台と鼻緒の数に限りがございます。先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新型コロナウイルス感染症への対応は、未だ誰も経験したことのない状況を私たちに迫り、日々刻々と変化する様々な情報の中で、私たちは答えのない問題を随時判断し、決定しながら前に進んでいます。

当たり前だった日常がガラリと変わり、外出することすら抑制されるような毎日の中、日々鬱屈としている方も多いのではないでしょうか。

そのような状況下でも「何か自分にできることはないか」「何か1歩でもできることから踏み出そう」
そんな未来への前向きな1歩を踏み出すために『IPPO project(一歩プロジェクト)』が誕生しました。

そのKick off イベントを4月26日(日)に開催。その一部をこちらの記事にてご覧いただけます。

 

■次回のイベント開催日程

次回もオンラインでのイベント開催を予定しています。

目安としては「7月下旬〜8月上旬」開催を目指しておりますので、具体的な日程が確定し次第、主催元各社から告知をさせていただきます。

 

■登壇者募集のお知らせ

「1歩を踏み出したい!」という登壇者を募集いたします。プロジェクトに着手している人も、これからという人も、是非この場を自身の「1歩」としていただけたらと思います。下記の宛先・締切期日までにメールにてご連絡ください。

宛先:一般社団法人TEKITO DESIGN Lab 担当 蛭子 info@tekitodesignlab.com

締切期日:2020年6月12日(金)着

件名:IPPO project 登壇者応募について

本文:「お名前」と「発表したいプロジェクトの概要(①プロジェクトのタイトル②なぜそのプロジェクトをやりたいと思ったのか。やりたいと思ったきっかけや理由)」をご記載の上、ご連絡いただけたらと思います。

 

※注意事項※

1回のイベントでの登壇者は3〜4名を予定しております。募集人数を超えた際には、次回以降にご登壇をお願いさせていただくこともあることを予めご了承願います。なお、内容によっては主催元の判断によりご登壇をお断りさせていただくことがございます。皆様からの、未来に向けた学びと対話を生み出すプロジェクトをお待ちしております。

最後になりましたが、本イベントは下記3社共同企画となります。今後ともIPPO projectをよろしくお願いいたします。

主催:一般社団法人TEKITO DESIGN Labthe Babels inc.丸善雄松堂株式会社